カテゴリ:その他( 28 )
ちょっと宣伝
うちの会社に出入りしているパラグライダーで空撮をするカメラマンさんがいる。
建築物の空撮の仕事のついでに周辺の景色や町並みも撮り溜めていたようで、今回の震災で失われた宮城県や福島県の相馬沿岸部の町や風景の写真も大量に残されていたとのこと。

今回の震災を受け、撮り溜めたかつての風景と震災後の焦燥とした風景を比較した資料的にも価値がある貴重な写真集を会社で出版することになり、近日発売できる状況になった。

真上から広い範囲を撮る一般的な航空写真と違い、低空を飛べるパラグライダーで斜め上から奥行きのあるアングルで撮られており、震災後の悲惨なシーンばかり集めた近年広く出版されている他社の写真集では絶対に見ることの出来ない日本、いや世界唯一の写真集となっています。

地元の被災者や自治体にとっては貴重な思い出や資料として、また、地震や津波の学者関係者や都市計画など土木関係者にとっても研究資料的価値があるものと思われます。

『写真工房N』様のサイトにサンプルがたくさんあります。
http://www5e.biglobe.ne.jp/~okhnk/
[PR]
by millicent | 2012-02-09 23:43 | その他
あけましておめでとうございます
あの時は正直まともなお正月など迎えられないと思っていましたが、なんとか例年通りに年を越す事ができました。
f0033782_1125295.jpg

[PR]
by millicent | 2012-01-01 01:13 | その他
最近地震多いな・・・
立て続けに震度5クラスが来る。
正直震度5でもあんまり揺れた気がしない。その代わり家がガタガタ音を出すので凄くうるさいという印象。
まー宮城県は昔から地震多いので、ようやく地盤も日常に戻ったのかと思ったり思わなかったり。
それよりも問題が放射能。福島県はお隣で、うちは宮城南部なのでいろいろと気になるところ。
新聞にうちの町の線量が載っているが、女川原発よりも高かったりする。本来ならゼロであるべきで、日常的に原発並の線量があるというのは、やはり異常だと思う。福島なんかもっと高いし、数値が日々上がり続けている。ほんと、10年後に福島は県として機能しなくなるかもしれないし、隣県の宮城も人ごとではない。
[PR]
by Millicent | 2011-08-01 19:31 | その他
Zoome終了
最近ほとんどニコニコかyoutubeにしか動画をあげていませんが、数年前からZoomeにはお世話になっておりました。有料になってからは個人的には切ってしまっていましたが、終了となるとコレまでの上げた動画が無くなるということで寂しい限りです。
当時は高画質を売りにしてそこに付加価値がありましたが、ニコニコやyoutubeも高画質動画をあげられるようになってしまったので、存在感が無くなってしまいましたね。そこにきて有料ですから・・・。

残念ですが、これまでありがとうございました。
[PR]
by Millicent | 2011-07-22 18:57 | その他
日常復帰宣言
 東日本大震災から4ヵ月以上が経ちましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?
 宮城の方では大震災というより大津波と呼ぶのが正しいかも知れません。
 さて、個人的なお話ですが、保育園から中学校まで一緒で、高校以降からもずっと付き合いのあった古い友人が5月に亡くなりました。
 脳腫瘍だそうで、発病当時は手術で完治するとのことで、実際術後2年は何事もなく過ごしていました。その後再発し、数回手術したものの後は新薬による延命治療に移行。今年の2月頃に記憶障害が出始めたので今でも付き合いのある仲の良い友人に会って欲しいと奥さんから連絡があり、3月19日に彼の家に飲みに行こうという事になりました。震災の1週間前です。
 3月11日の地震で5日停電、電話も繋がらず、その後1ヵ月は普通の生活にも難儀する状態だったので、当然今回の飲み会は出来なくなり、そのままずるずると時間が経過してしまいました。

 報せを受けたのが5月末で、急遽地元の友人と病院に駆けつけましたが、その時は人工呼吸器で何とか生きながらえている状態で意識はありませんでした。
 会社が終わってからすぐ、お見舞いに行って夜10時頃に帰宅しましたが、次の朝亡くなったと連絡がありました。
 震災とダブルパンチのショックで何も手につきませんでした。
 
 お通夜、火葬、告別式、法要にも参加し、亡くなった友人の家族と思い出話をしました。
 小さい頃からお互いに家に遊びに行く仲で、親兄弟とも良く知っており彼の両親の知らない色々な話しを聞かせて喜んでもらいました。
 長い闘病生活と高額の新薬投与で、本人もかなり苦しかったようで、もっと生きていて欲しいという反面、早く楽にさせてあげたいという家族の複雑な心境が伺えました。

 震災後ずっと落ち込んだ状態が続き、ネットの友人達と遊ぶ事も控え、震災の記事などをネットで探し、それを見てまた落ち込んでのくり返しで何とかしなければと思っていた時の今回の突然の別れ。しかし、ここでようやくこのままではいかんという思いが湧いて、その後ネットに2ヵ月ぶりくらいに繋いで仲間と再会しました。
 ネットの中は何事もなかったかのように淡々と時間が過ぎ、そこでは震災なんて無かったような感じですが、私が宮城の人だと知っている人からお見舞いを頂きました。
 それ以降、無理矢理楽しむように心がけ、今は気力が蘇ってすっかり持ち直しました。

 先日、彼の49日があり墓参りをしました。
 彼は実家から出て別所に家を建てておりましたが、お墓は地元で、しかも私の自宅から目と鼻の先です。これからはいつでも会う事ができるでしょう。

 さて、日常復帰ということで、またこのブログでもゲームや地元の震災の話しなども書いていこうかと思います。
 
[PR]
by Millicent | 2011-07-21 19:55 | その他
また来た!
宮城県南部は、震度5強から6弱か・・・。
3月11日のは、今日みたいなのが連続で数分間続いたけど、今回は単発だったようだ。
幸い停電にならなかった。一先ず安心だが、会社が心配だ・・・。
[PR]
by Millicent | 2011-04-07 23:53 | その他
これは天罰だと思う
最初に断って起きますが、今回の日記は妄想です。このブログを読んで下さっている数少ない読者の皆様、話半分で聞き流してください。
------------------------------------------------------------------------------------

震災発生当時、停電で完全に情報的隔離状態になった。
海岸沿いの被害状況は、車のラジオから報じられる、6メートルとか10メートルという津波速報の高さをそれぞれの頭の中で想像し、『相当な被害になる』という予測しか立てられなかった。
恐らく他の地域の方達の方が被害状況をTVなどで先に目撃していただろう。

一応号外のような新聞が届いていたが、自分達の事で精一杯の忙しい最中では震災の実感が無く、まるで遠い国で起こった出来事の様に思えた。
私の住んでいる地区は、宮城県南部の内陸部なので、大きな被害は出なかったが、ブロック塀が端から端まで綺麗に横倒しになるとか、瓦屋根に被害が出ている家が多くあり、近くにある父方の実家はかなり建物に損傷が出た。多賀城の親戚は比較的内地に家があったので津波の被害はなく、長男はたまたま夜勤だったので昼間は家に居て無事だった。勤務先は津波の被害にあっているので紙一重だった。長女は勤め先で首まで津波に浸かってかろうじて助かったそうである。後日、水と食料の応援を求めにこちらに来て、ここでようやく安否の確認がとれた。

震災後すぐだろうか?TVも見れない状況で、新聞やラジオで東京都の石原知事が「天罰」云々という事を言い、後日、不謹慎だったと謝罪した。
被害が少なかったので被災者と呼べるかどうか微妙なところだが、私としてはその発言に特に憤りは感じなかった。
ご存知だろうか?今回被災した県、特に被害が酷い県は、岩手、宮城、福島、茨城である。
これらの県は、前回の衆議院選挙で宮城の6区以外すべて民主が議席をとった県である。この6区にしても民主を破って取った議席ではなく、民主の候補が誰も立たなかった選挙区である。

あの当時、私は民主党の危険性を会社の人たちに言って聞かせたが、若い連中は皆民主に投票して、自民にお灸を据えた事に満足げな笑みを浮かべていた。
自民党政権が素晴らしい!とは全く思わないが、少なくともこの自民党は『日本』の政党であり、政権を担当させるには、他に選択肢がなかった。
朝鮮・中国など特亜、在日朝鮮人や帰化したなりすまし日本人で構成されている民主党の本質的な部分を知らない人達は、政権交代後口々に「こんなはずでは・・・」と苦虫をかみつぶしている顔である。

石原都知事が全面的に良いと思った事はないが、少なくとも彼は日本、日本人主体の国家構想があり、民主政権下にある日本を「穢れている」という認識なのだと思う。清めるにはどうするか?もはや我々国民レベルでどうこうできる問題ではなく、何か特別な力に頼るしかなかったのだろう。
その見地で見れば、天よよくぞやってくれた!と、都知事はさぞ喜んだことだろう。

民主党政権が悪いというが、この党に政権を取らせたのはだれだろうか?
実は今回被災した県民なのである。もちろん、それだけではない。東海や中部地方にもそんな県がある。いや全国各地に・・・。
もしかしたら天罰はまだまだ序の口で、これから東海地方に及ぶ可能性もある。実際問題として、大きな地震が西側でもおこっているわけで・・・。

自然の力、必然と割り切るにはあまりにも被害が大きかった。何か別の力が働きかけていると思ってしまうのはやはりおかしいだろうか?
多少お伽噺のような妄想が入ってしまったが、個人的には石原都知事の天罰発言に対して、全面的に同意である。

ちなみに、福島原発は、以前から危険視され、他国の要請で自民政権下では、耐震補強など原発の安全のための予算が組まれていた。それを無しにしてしまったのが、みなさんご存知の『事業仕分け』である。東京都民は、その立役者的なレンホウ議員にどれだけ投票したか覚えているだろうか?対岸の火事だと思って油断すると酷い目にあうかもしれませんよ?
[PR]
by Millicent | 2011-03-19 20:37 | その他
ようやく・・・
電気が通って、ネットに繋がった。
内陸部だったので津波の被害はなかったけど、停電でラジオ以外の情報入手手段が無く、今TVを見ながら改めてとんでもない地震だったと思い知らされる。
生活面では物資面で何かと不自由すると思うけど、沿岸の壊滅した地区を思うと贅沢な話しだろう。
仕事の面では、通常業務までまだかかりそう。使っている印刷機、紙諸々取引先はみな仙台に事務所があり、兎に角ガソリンが足りなくて動けないらしい。
今日16日前後から電気が各地で通り始め、電話が鳴り始めるが、皆対応したいが動けないとのこと。会社にいけず、でも、とりあえず自宅から会社に電話を掛けてくる営業さんもいる。
何トンもある大小諸々の印刷機や関連機材が地震で動き、元の位置に戻したり検査をしないといけないが、どのメーカーも動けないし、それらを動かすための専門の運送業者が海岸に近いところにあり、全く連絡がとれないとのこと。完全復旧まで全く見通しが付かないし、多くの人と連絡がとれない。

会社はめちゃくちゃに物が散乱し、大きな余震が頻繁に起こり、その日は取りあえず危険なので帰宅。
甥っ子が風邪で入院しているために休暇をとって自宅にいた兄と、食料確保に営業しているコンビニでカゴいっぱいにカップメンなどお湯で食える物を買う。皆、食料の確保に奔走しているのだろう。停電で止まっている信号機がむなしい国道4号線及び各道はいつもより車の量が多いほど。しかし、これも2日くらいで、その後はガス欠で車もめっきり減る。ガソリンスタンドには長蛇の列でそれが道を塞いで非常に危険だった。

震災翌日は土曜日で本来は休みだが、会社と自宅が近い私は、散らかった仕事場を片付けに出社し、午前中を中心に後は家の手伝い。結局今日まで休み無しで会社で片づけをする。
夜は7時頃には真っ暗で寝るしかなく、充電してあったPSPでしばし時間を潰して寝る毎日。普段やらない力仕事で身体は疲れて、月、火あたりはつらかった。十分な睡眠が取れるようになったのは火曜日の夜で、16日水曜日はかなり楽になった。
震災当日の夜は、余震が止まる気配なくひっきりなしに地鳴りをともなって襲ってくるので、全く眠れなかった。

情報源はラジオと新聞で、隣県の福島の原発のニュースが鬱陶しい。親戚と友人が多賀城(石巻の隣)にいるので、安否が気になる。
取引先と仕事のやり取りをし、届いたFAXの日付が11日午後14:01。その会社は津波の被害にあった。電話でやり取りした女性の方は無事だろうか?
この時期、地元で行われる「桜まつり」は中止と、商工会の人が早々にやってきて告げられ、担当者の人が落胆する。
中には、関係各位に集金して回るから納品時期を教えてくれとか、空気読めない人もいる。お役所仕事で自分の与えられた仕事を誠実にこなそうとするのは、わかるが時と場合があるということくらいは少しは考えて欲しいものである。まぁ、この場合向こうがお客様なので、はいはいと言う事を聞くしかないが・・・。
ほとんどの仕事は、選挙、総会や催しの延期及び中止で、延び延びなり可及的速やかに何かをしなければならない事態は回避できたが、このままでは給料にも影響するし、今後会社がどうなるかもわからなくなる。
仙台方面の被害が大きいので、あるいは特需が発生するかもしれないが、それに対応できるほど人がいるわけではない。
年度末から年度始めは、うちの会社的に一番忙しくなる時期だが、はてさてどうなることか・・・。

私の住んでいる地区は、宮城県南部の内陸部で、他の地区に比べれば天国と言える。早急に必要な物資はないが、どこもガソリン不足でこれだけでも何とかならないだろうか・・・。
[PR]
by Millicent | 2011-03-16 19:03 | その他
あけましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくおねがいいたします。

さてさて、思いもよらぬことにFF14がなんかとんでもないことになってしまいましたね。
PS3からの参戦としていましたが、PC版もままならず、スタッフ入れ替えでPS3もいつでるやら・・・。
ナムルやタニちゃんたちは、今も続けているのかな?

近況知りたいので、「私はFF14を続けるよ!」とか返事ください。
[PR]
by Millicent | 2011-01-02 20:32 | その他
山梨に行ってきました
先週、社員旅行で山梨方面に行ってきました。
宮城県から山梨まで、車2台に分乗しての強行軍。半日車の中だけど同僚だけで上司に気を遣うことなく楽しいドライヴとなりました。
車が好きな人が多いので、観光地を巡るより高速をがんがん飛ばしたいってことっで、山梨、富士山周辺で回ったところといえば、昇仙峡、信玄神社、忍野八海、白糸の滝だけ。ガイドさんに連れまわされて一日中歩き回ってへとへとになるより全然いいです。
行きの首都高から見る街並は結構面白かった。古そうなビルの上になんか人が住んでいるような小さな家が建っていたり・・・。洗濯物が干されているからきっと住んでるんだろう。
それにしても、首都高はいついっても渋滞にあたる。栃木>群馬>山梨とか内陸を貫通する高速あれば便利なんだけどねー。

と、言うことで撮った写真を何枚か紹介。
f0033782_96584.jpg

昇仙峡。でかい岩だらけで圧倒される。

f0033782_97957.jpg

信玄神社。絵馬に戦国BASARAがあった。

f0033782_98674.jpg

忍野八海。透明度の高い水をたたえる池がいっぱい。これといって見所はないが味のある水車があったので一枚。

f0033782_993889.jpg

白糸の滝。全国各地に同名の滝はありますが、岩から水が染み出しているような滝のカーテンは絶景。
[PR]
by Millicent | 2010-06-19 09:11 | その他