<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧
うどん祭りin怨念
火曜日

今日はWeldくんのハクタク戦。
9時に怨念に集合となった。

ところが、めずらしく他団体とかぶり、スタさんの交渉の結果、相手>うどん>相手と相互にお手伝いをしながらということになった。
全部で16人+ペット3の大所帯。こりゃー獣オンリーで1時間より、はやくおわりそうだ。

戦闘時間は実質10分くらいだろうか?
戦闘開始直前に食べたトロスシ(効果1時間)が三戦終わった後も残っていた。

特に危なげもなく、サクっと終わってしまったので特に書くこともない。
とにかくWeldくんおめでとう!

アサルトジャーキンにオプチ姿に思わずタニちゃんを思い出してしまった。


その後ナムルは猫の世話のため離席。時間があったので何かしようか?となったが、BCはちと時間がかかるとおもったのでアサルトを提案。満場一致で採択される。
全員がやれるのは二等で、そのなかでも5人でできそうなものは土竜作戦。
Weldくんは70だが、どう見ても、獣75より強いです。なので無制限へ。

獣獣竜赤黒
黒はお友達のDadalaさん。

オーソドックスな戦法で2戦、いずれも5分ほど残して勝利。
戦利品は、シルバーピアスとビロード。
あたりではないが、ほとんどゴミしか見たことない我々アンラッキーズには、お宝に見えてしまうところが悲しい。


前日のクラスター戦で出たウッズマンリングが売れた。
配当は162000ギル。
久々に所持金が10万超えた!
[PR]
by Millicent | 2006-11-29 19:11 | FFXI一般
落とし物を拾いに
月曜日

駆け足で通り過ぎたリヴェーヌ。
その為、うどんくんと、エリちゃんが大事なものをリヴェーヌに忘れてきてしまったようだ。
ダブナジア名物、料理書クエのそのトリガーとなるワートクエだ。

ソロでミラテテ様がもらえるこのクエは、どうやらリヴェーヌワートのクエをクリアしないと発生しないようで、ほとんどの場合、PMのリヴェーヌ周辺のツアーでついでにやっとく感じなのだが、後発PM組は、お手伝いの都合に合わせなければならない関係で、やれる時間がなかったようだ。

手伝いの為にFFやっているような自分としては、ここは手伝わない訳にはいかない。いや、別に、便乗でワートクエやってミラテテウマー!とか、ENMで経験値とアイテムウマー!がしたいわけじゃないんだからね!

という訳で、やってきましたリヴェーヌB、50制限。
なぜここを選んだかというと、巨大な鱗を落とすワイバーンのレベルが少し低めということと、サイドBは鱗が1個だけで済むのと、PMの進行状況から各自50装備はすぐに用意できるだろうと思ったからだ。

レベル40のENMツアーとの連動を考えると、40装備でそのままサイドAを行った方がいいが、今回のENMはおまけなのでレベル50装備でレベル40ENMをやることにした。

さて、問題は巨大な鱗が取れるかどうかだが、Bへいくと入り口に1PT(3人)がいて、その周辺は枯れていた。少し奥にいって、そこで1匹、そこから横道にある袋小路にいるワイバーンを叩き、入り口の方へもどって湧いたヤツをつる。3匹やっても出ず、そのまましばらくリポップ待ちをし、その後4匹目くらいで巨大な鱗がドロップした。意外と早かったかもしれない。
 次回分も取ろうかなともおもったが、それで1時間も費やすことになったらイヤなので、そのまま進事に。

Bは1個しか使わないところも良いのだが、実はAよりモンスター配置の難易度が低い。
Aでは、とてとてヒポグリフエリアの密集エリアがあってそこが結構危険だ。

何事もなくワートの???まで進む。ここは進みながら取るより、一端ワープポイントまでいって、敵の向きを確認してからダッシュで取るのが良い。

とりあえず、一番の目的が達成された。
2人ともおめでとう!


さて、次のENMは私が希望して、みんなにトリガーを持ってきてもらったやつ。
エリちゃんとかはわざわざ戻ってきてもらったり・・・。

青赤黒でクラスターBCに挑戦することに。
前回マメ戦の際にちょこっとやったのだが、これは見事に自爆しておわった。
今回は、赤黒とクラスターに有利な構成。

作戦としては、まずWeldくんにウォータを撃ってもらう。
ここで2択。
①ウォータで自爆したら、ウォータ以外の精霊で、エリちゃんの連続魔
②ウォータで自爆しなかったら、ウォータで連続魔

このBCは口で説明するより、1回負けと勝ちを経験したほうが早い。
みなもまだ理解していないかんじだったので、ここは半強制的に作戦を押し付けてさせてもらった。

戦闘開始後私がからまれる。
そしてWeldくんのウォータが飛ぶ。
ここで自爆はなく、合図を送り、エリちゃんの連続魔開始。
立て続けにダメージを重ねる。
クラスターはHPの減り具合に応じて自動的に自爆するが、この規定の自爆はダメージが発生しない。
はずれ属性のダメージを与えると、無条件に自爆するのだが、このときはかなり痛いダメージが出る。

タゲは連続魔のエリちゃんに固定され、死なせないように必死にスタンを打ち込む。
連続魔から10秒ほどで撃沈。自分以外の2人は初めての勝利となった。
f0033782_18322697.jpg

これでなんとなく勝ち方がわかったかな?
クラスター、ミラテテとけっこうおいしいので機会があったらまたこよーね。

遅れてきたタワちゃんは残念でした(涙)
[PR]
by Millicent | 2006-11-28 18:32 | FFXI一般
青魔ソロ 新市街
日曜日

最近召喚をあげているタニちゃんのAFとるべ、ということでウガレピへ。
ついでにタニちゃんの両手棍もあげる。

場所は、盗賊のナイフのところ。
すでにあの小部屋には3人ほどがいる。そのうちの猫はここにいつもいるんじゃないだろうか?というほど、ここでよくみかける。

彼らは無視して、このへんの敵をたたり次第たたきまくる。
一人の赤さんが壷とタイマンしていたので、ナムルが気を利かせてPTにいれる。
限界クエのマート戦のための証とりだとすぐわかったからだ。

その外人さんは、アメリカロスアンゼルスの人らしい。
ナムルが、
「ドリュを知ってるか?やつはすごいぞ!」みたいなことを教える。
そして
「コントコを知っているか?あいつはやばいぞ!気をつけろ!」
みたいなことを教える。

こんさんの名前はアメリカ中にしれわたるだろう。


しばらくしてやっとドロップして、その赤さんと別れる。
その後、鍵もドロップした。

ついでだから箱さがすかーということになって、箱の出るエリアへ。
ナムルはロボNMの方へ向かう。
私は通路の小部屋を探す。

奇跡的に、通常いける小部屋にあり、タニちゃんを呼ぶ。
見事ゲットおめでとう。

その後入り口にもどってみると、なぜかナムルがそこでロボNMと戦闘していた。
手伝って倒し、ハードシールドドロップ。
ナムル自爆でそのまま帰還。
お疲れ様でした。


夜、新しい狩場を探しにムバへ。
入り口のENM受付モブリンに2000ギル渡して、BC前へ飛ばしてもらう。
それから入り口のほうへ逆行する。

赤ゴブがいるところから、回転ドアまでの通路が安全地帯で、その丸い回転ドアのところに獣がいる。まずはそれを。
しくじると死亡確実なので、リレゴを使っておく。

さてどんなもんかと挑戦。
うは!やばい!死ぬ!
なんとか倒して、ボーナス付で450とか。
やばい、かせげそう!

しかし、ヘッドがはずれやすいので、スシを食べる。
ヘッドが決まるようになってから、おそろしく狩りやすくなり、過去最高の経験地がでる。
f0033782_19392220.jpg

インプより楽だから、3チェーンくらいいえば、600とかいくかもしれないな。

とりあえず、しばらくはここにこもりそうである。
[PR]
by Millicent | 2006-11-27 19:40 | FFXI一般
週末ダイジェスト
土曜日

土曜日だけど仕事。この前の勤労感謝の日も仕事。
社会人になってから勤労感謝の日に休日だったためしがない。
今週は歳末大売り出し系&定例モノで、かなり忙しかった。

日曜日に裏いってた時はこの時期がつらかったな。
いまとなってはいい思い出だ。
というか、昔は、UOで土日まるまる48時間、防衛戦やってんだけど、今思うとよくやってたよなー。まじで一睡もしないで戦闘戦闘戦闘!


ツブくんからの報告で、モルダバのゴブがいるとのこと。

ヤツが放置されているなんて、そんなことがあるんかー!
これって大量バンとかと関係あるんかなーほかのNMとかも狩りやすくなってるのかなー。
業者とのNM合戦は正直気分が悪くなるだけで、そうしたNM張り込みはここ2年以上やってないような気がする。

ツブくんの要請でメアに飛んでチョコボで向かう。
オンゾゾにはいって例の場所で合流すると、やっぱり放置されてた。
放置はいいのだが、倒して、果たしてピアスが出るかが一番の問題だ。
現在午後8時。
かるくカニで削って、とどめはPCで。
で、やっぱりでない。そう、でないんだよね。これって。

ナムル情報によると、2時間きっちりくらいで次が出るらしいので、11時にまたここで合流しようとうことで、その間久しぶりに海へ漁にでた。
餌は用意するのがめんどかったので、かばんに常備しているミノーとシュリンプでマグロ釣り。

久々にセルビナ、マウラにきて思ったが、何気に新規が増えてるね。
これは、あの中華業者と呼ばれる連中とはあきらかにちがう。
ヨーロッパのほうでドイツとかフランスとかの言語バージョンが出ると聞いているが、それなのか?それともまた別な理由だろうか?
最近、ピークに4500人とありえない人数にふくれていたが、バンなどの影響で4000ほどに落ちついている。新規の500人上乗せと、500のバンなのか?まーどっちにしろ新規が増えるのはいいことである。
彼らには業者のいない美しいヴァナディールを堪能してもらいたいものである。

11時に再びオンゾゾに集合。
こんどは葡萄改めうどんくんも参加。そのうどんくんのがキタ!
到着して5分とたたず、ヤツが現れるが、そのヤツをわれらがうどんくんがかっさらう。
入り込みしていた2人組には、後から来て・・・と思うだろうが、こっちは先にツバをつけていたのである。
でも、ほんとに2時間くらいででるのね。オセやジュワの悪夢はもういやである。

でも、やっぱり出ませんでした。
[PR]
by Millicent | 2006-11-26 18:48 | FFXI一般
ラフターマニア2006
23日 木曜日

ヴァナ芸人の祭典「ラフターマニア2006」が、ここケルベロス鯖で盛大に行われました。
FF初のスクエニ公認イベントで、運営のサポートもあり、会場となったウインの各地に案内モグが現れておりました。

私は、会社から帰宅後すぐウインへ向かうと、コレットさんがすでに参加しておりました。

ケル鯖では過去になんどか芸人たちの公演があったので、何度か参加したことがありますが、今回のような全鯖規模のは初めて。
ウインの各地に分散して公演したのは良かったね。人多すぎてまったく見えないし。
シンクロナイズドタルは、4,5人しか見ることが出来ず、ずいいーーと前にでて座り込んで見ました。そしたら目の前にタワちゃんが踊ってましたよ。がんばれタワちゃん!
合成を使った演出がありましたが、結構割れてましたね。イベント用のエフェクトだけの特殊クリスタルとかあってもいいかもね。

私が見れたのは、
○吉本るみね
○タルタルソース
○タルタルザリガニーズ
○シンクロナイズドタル
○ちゃむ
○329
○HQショップ
くらいかな?半分も見てないですね。
コレットさんもいってましたが、時間内に全部みれない。

人が多いので、エフェクトを使った演劇系はみれなかったなー。
るみねさんとかテキスト系はちゃんとみれて良かった。
コントや漫才とか、どっかで聞いたネタもありましたが、ヴァナに当てはめたパロディで結構ウケた。それと、エモ字を「心の声」とか「状況説明」とか「別キャラの言葉で一人二役」的に使って、テンポのいいコントは参考になった。なんだか自分もやってみたくなりました。


24日金曜日

ログインすると、トピックスに大ニュース!
なんと、空前の大規模バン祭りだ。
私がログインした8時頃に上がったニュースっぽく、すでにFFにはいっていたLSメンはまったく知らなかった様子。
スペシャルタスクチームの発足で今後どうなるかとおもったら、かなり気合はいってますね。
この調子でどんどんやってほしいとおもう。

私は個人的にRMTなどは、「やりたい人はやればいい」という中立派だ。UOの時もそういう人はいたが、対人戦などそればっかりしかやらんひとには金策などはめんどくさいし、それほど景観を悪くするような業者は当時は目につかなかったので許容できた。
しかし、FFに限ったことではないが、最近の業者は明らかに「限度を超えていた」

ゲームを楽しんでいない、機械的な業者はバンされてもすぐに復活するだろうけど、こうした運営の強い態度が、購入者側の購買意欲をなくし、ギルを売ること自体が無駄となってくれば、おのずと業者も減っていくとおもう。

MMOというのは、ゲームを遊ぶのではなく、架空の世界の住人となことである。
そのすむ世界が清潔であるなら、人はおそらくそこに長く滞在するだろうとおもう。
その仮想生活空間環境を良くすることが、長い目で見た場合、運営企業の利益になるのではないだろうか?


閑話休題

夜はナムルとアサルトにいく。
落ち武者追撃である。
これは、1度やったことがあったので、だいたいの要領はつかんでいる。
あとは、メリポっぽく、敵をどんどんたおしていくだけ。
HPが少なくなっているにもかかわらず、経験値はしっかりはいし、ボーナスありだと2000くらいかせげてしまう。
繰り返しやることで、ポイントと経験地を同時に獲得できるというわけだ。

忍竜獣赤青黒で余裕のゴール。
30分で経験地2000なら悪くはないとおもうがどうだろう。
みんな早く上等になっていっしょにやろう!
[PR]
by Millicent | 2006-11-25 20:36 | FFXI一般
ゴールデンビシージ
水曜日

青ソロでビビキーへ向かう。
残りも3000くらいとなって67も目前である。
1時間もしないうちに、戦績ボーナスを使い切ったと同時にレベルアップ。
これで晴れて67となる。
レベル67で使える青魔法で、以前に覚えたものでは、金剛身があったのでさっそく使ってみる。
ウサギのクリティカルヒット(おそらく150~200くらい)がダメージ0表示。しかし次でダメージが70くらいか。通常80~120くらい、平均100として・・・だいたい200弱くらいのストンスキンだろうか?レベルが上がって相対的にこちらの被ダメは減ってるかもしれないので、150くらいと見積もった方がいいかな。
非常にリキャストの短いマジックフルーツの回復量が300であることを考えると、微妙なところだが、範囲ストンスキンであることを考えるとソロ向けではなくPT向けか。
でも、今後インプとやり合おうと考えると、サポ白でブリ&スキから空蝉&金剛身で代用も可能か。しかし、インプ相手になると、戦闘時間はペットを相手にするよりかかるだろうから、MPは大量に欲しい。特にエルは。

現在67で、ビビキーのウサギにおなつよが出る。最高でも200以下になるか。戦績ボーナスやチェーンを考えると68まで引っ張る事は可能だが、そろそろここも飽きてきたかもしれない。
新しい狩り場の開拓を始めようかな。

10時を過ぎた頃、マムージャ&トロルのビシージレベルが上昇を始める。
久しぶりのゴールデンタイムビシージだ。
前にゴールデンビシージに参加しようとして直前に行ったらはじかれた経験があるので今回は早めに行って場所取りをする。
LSで同じく参加希望のドリュさん・タニちゃん・葡萄改めうどんくんと合流する。
相変わらず活気の良いビシージ前。しかし、この調子だと0時過ぎるな・・・せめて1戦だけでも参加できれば、レベル42の白もレベルアップが出来そうだ。

0時くらいにようやくマムージャ戦開始。
最近うどんくんになってしまったWeld君をマークする感じで動き回る。
なぜ「うどんくん」かというか諸説あるが、タニちゃんが、Weldくん>ぶどうくん>ぶどんくん>うどんくんと微妙に変化をさせていったらこうなったという説が有力である。
タニちゃん曰く「ぶどうから進化した!」とのことだが、ぶどうからうどんってはたして進化なのだろうか。

黒のどりゅさん、召喚のタニちゃんも同じPTだが、がんがん回復して経験値稼ごうとしているタニちゃんとケアルがかぶって不利だ。現在レベル上げ中のタニちゃんは恐らくマクロだろうが、私は手動なのでワンテンポ遅れる。敵は身内にあり!
巨人の薬でHPが下がってから、1度即死し、復帰するころには、あらあた敵が片づいており、後はNMくらいだ。
ゴールデンタイムのビシージだけに人が多く、雑魚の落ちるスピードが速い。ある程度戦力がなくなったら撤退するらしいので、頑張りすぎるとNM倒す前に撤収してしまう。そして今回はそんな流れで早々に撤退する。
どうやら1000がマックスで、人が多い割にポイントは少な目だ。
ちなみに私は700弱しか稼げなかった。
[PR]
by Millicent | 2006-11-23 18:55 | FFXI一般
PM連戦連勝
最近ブログが滞り気味です。
そう、仕事も年末で忙しくなってまいりました。
FFにログインする時間と、ブログ書く時間を天秤にかけた傾き具合でペースが変わる。

月曜日は特にこれといって何もなしだった。
青のソロをちょっとして終了。

火曜日はPM、『神を名乗りて』ディアブロ戦。
スタさん待ちで、来なかったら5人でやるぞ!というBC前でスタさん登場。
とりあえず、5人でチャレンジしてだめならスタさんと合流しようということになっていざ勝負。

忍暗青白黒

床が抜けることは知っていたので、戦う場所を決める。
戦闘前にあれこれ相談したり作戦を立てたりするのが、何気に楽しい。
前衛と後衛を別々にわける作戦をとる。

戦闘開始で、チョロチョロ削っていく。
ヘッドを連打し、少しでもナムルの蝉張替えを手伝う。
途中、ナムルのHPがギリギリになってもはやこれまでという感じまでいったが、なんとか持ち直す。
1回ナイトメアを食らってしまったが、その後はスタンで1回ナイトメアを防ぐこともできた。
ディアボロスと青は相性がいいかもしれない。

なんとか押し切って5人でディアボロス討伐成功!

この後時間があったので、このままオウリュウまで行こうかということになる。
ミッションの順番的にも、ここからオウリュウまでは時間はかからない。

一足先に準備してリヴェで待つ。
黒黒黒黒赤青
ここでは青はおまけです。

途中、ワートをゲット。

黒4では、負ける理由がないのだが、青の私にとって重要な任務は「余計な事はしない」ことである。
開幕、ガイストウォールでストンスキンをはがしたが、これは本来は赤のスタさんの仕事だった。

3回目のフリーズ一斉正射で余裕の轟沈。
難関と言われるここを余裕で抜けれるのはいいやねー。

あとは礼拝堂を超えれば、ドリュさんたちと合流できる。
[PR]
by Millicent | 2006-11-22 19:24 | FFXI一般
新しい家
今住んでいる家は、仮の住まい。
ブログの過去ログで7月分が丸々抜けているが、7月は引越しやら何やらで忙しかった。

年内中に新しい家に引越しできるのだが、この家がなかなかの曲者だ。
http://www.zerocraft.com/index.html
ここが、その建築をお願いしている会社。興味ある人はのぞいてみてください。

いわゆる伝統建築というやつで、現在よくみる建築方法ではない。
父が左官業(壁塗り職人)を営んでおり、私は小さい時から建築現場を見て歩いたが、こんな家は初めてだ。泥壁ですよ泥壁。
ちなみにこのホームページの中に建築事例として新築する自宅が乗ってる。
ちなみに、泥壁なんてそんじょそこらのでは体験することすらできないので、壁塗りの際は、体験教室を開いたそうな。それもHPに乗ってるけど、学生さんが多かったらしい。

私が入る予定の部屋は、天井が高いところが2.7mで低いところが1.8mという屋根の傾斜がすごいところだ。
基本的に天井板がなく、昔の家のように梁が見え、三角屋根の形がはっきり見える。
私の部屋の真ん中に太い梁がどーんと横たわっており、床から190cmのところにそれがある。
そして下の階にある薪ストーブの煙突が私の部屋と突き抜けて、私の部屋から外へ出ている。
家の1階も2階も基本的に密閉された空間はなく、ストーブの暖は全部屋にいきわたるのだが、私の部屋だけが、密閉されている状態なのである。だから、私の部屋に煙突を通して冬の暖房器代わりにするという寸法だ。
まー面白いのだが、非常に邪魔だ。

今は、部屋のレイアウトやら何やらをいろいろ考えて、家具などを調べていたりする。


ここからFF

日曜日

PM誓いの雄叫び

先にENMボムBCをやってみたが、5人なら物理で押し切ればよかったかな。
追い込みの忍術で自爆して終了。ちょっとわかりずらいが、赤ならソロでいけるらしい。

その後、PM。
忍忍赤青獣黒。万全の体制だ。
しかし事故発生。赤のエリちゃんがコンバした瞬間、マメの足払いのような範囲攻撃にあい、死亡。ナムルも死亡し、リレイズで起き上がったところに、さらに同じ技をもらい死亡。
やばかったが、マラソン役がばんばり、なんとかこらえて勝利することができた。

次はソジャか。
ここもENMがあるので、やろうね。
[PR]
by Millicent | 2006-11-20 21:00 | その他
そして水道へ
木曜日

引き続きPM。フォミナ水道でミノ退治である。
ヴォンのレベル30からレベル40へとステップアップ。

獣4白2の構成でいくというので、40BC用のセットをそのまま流用。

まずは、ミノ退治だが、こちらはとてとてペットを使い魔で操って楽勝。
問題はこれから。
このへんの内容は忘れてしまっていたが、もっと奥へ行ってイベントを見る必要があるのだが、そこまでたどり着くまでめんどくさい。
まずは扉を開けるカギ取り。
これはフォモルからゲットできるのだが、コウモリのNMが居たらしく、それをまず倒す。
ペット任せの戦法で、なんとか辛勝。しかし何も落とさない。これが獣クオリティ。

気を取り直して、戦闘を続ける。
気になったのが経験値。30とか50とか・・・おかしい。
そうか、ミノ退治したとてとてペットがまだ生きていたからだ。
これが死んでからは、急激に経験値が跳ね上がる。
みな、戦績指輪を使い出す。もちろん私も。
250とか入るので美味しい。

しばらくして青銅のカギを落す。
ここで、代表でスタさんにとってもらおうとしたら取れない。
金庫にしまっていたらしい。どじっこスタさん。

「そういうのは、ちゃんと持ってきなさい」


扉を開けて、敵を排除しながら、問題の場所につく。
フォモル3匹が守る長い梯子前。
ここは普通は戦闘なのだが、ペットをあてて、そのまま梯子へ。
のぼりおわると、襲ってくる気配はないが、何故かタニちゃん赤球。
その後何故かわからないが、HPがガスガスへる。

なんか下から魔法打たれてるくさいのだが、いまいち状況がわからず、死亡。
死体で戻ってくるタニちゃん、わけがわからず・・・南無。

その後、属性と弱点に対応したスイッチの同時押しで、隠し扉をあける。
その先にでイベントとなる。

これにて、今日はおしまい。
次はマメット戦だ。


金曜日

ソロソロ仕事も忙しい時期。
土曜日出勤ならよかったが、休みになっているため、すこし残業しておく。
9時過ぎにログインするが、疲れているの何もする気がおきないので、ソロでのんびりいくことに。
ミノ退治の戦績ボーナスが残っていたので、有効に活用する。切れたらまたかけて、だいたい1.5回分のボーナスを使い切って終了。残り15000くらいかな。とりあえず、ここは67まで引っ張るか。もっといけそうではあるが、次の狩場も開拓してみよう。
[PR]
by Millicent | 2006-11-18 12:18 | FFXI一般
葡萄くんルフェーゼに立つ!
水曜日

今日もPM。
どこからいくべ?となって、アニマたくさんあるうちにメアで勝負するか、となってメアへ。
時間もあるし、今日は2戦いってダブアジア方面進出できるといいな。

事故らしい事故もなく・・・いやタニちゃんが道間違えて死んだっけ・・・いや、みんな無事にBCにたどりつく。

今日は時間あるし、ENMでもやる?と提案したが、入れるのは4人。
みんなあまりENMとか興味ないのかな・・・経験値3000&あたりが出たら結構うまいのに・・・金策したいといいつつ、なんか建前で言ってるだけなのか・・・私は最近手持ちが、1万から3万を行ったりきたりでかなりきびしいので、是非とも今回のヴォンシリーズでやりたかった・・・無念。というか金が尽きたら手伝えんけど。

ENMは結局敗退で、回復後BCへ。
みな段取り通りアニマを使い、完封勝利的に楽勝だった。
メアは強力なWSが多いが、逆にソレを封じると、危険性が一気に減るのがポイントだ。
とりあえず勝利し、時間もあったし、アニマも残りが結構あったのでホラへ。

ホラは、お墓というかなんか柵に覆われた場所が随所にあって、何かかつて人の営みがあったような雰囲気を感じる。
ナムルが両手オノに変えてきていたが、両手武器のダメージが結構いい。WSのダメージが飛びぬけていた。

BCについて、ホラの特徴を説明し、後衛の動きを支持する。
このホラは後衛が常にバを絶やさないようにするのがミソ。
戦闘開始で、メアよりだいぶ硬いイメージ。毒を飲んでいるので「ねたw」というメッセージもなく、半分くらいでアニマを使う。その後のこりのアニマをどんどん使う。
メアよりやっぱり硬いかんじ。計4こ迷のアニマを使い、それでも死なないので最後イーグルアイでしとめる。

これで、Weldくん、エリちゃんがダブナジア進出である。
おめでとう!
[PR]
by Millicent | 2006-11-16 20:22 | FFXI一般