<   2007年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
片手剣潜在消し
1月29日

チョコボの世話をしに行くと、幼鳥から成鳥になっていた。
チョコボの可愛さを比べると、雛の時もいいが、やっぱ幼鳥が一番かわいいかな。
成鳥になると、やっぱし見慣れているせいと、色が相変わらず黄色なのでいまいち感動がない。
2代目も黄色というのは、やっぱ両親(雄親がコレさんの黄色)が黄色だからだろうか。
脚が丈夫とか言われたが、なんか脚がでかいような気がする。これは特徴によって外見に変化があるという、この前のパッチによるものか?でも尾羽とかならすぐわかるけど、脚はすぐには分からないかも。でも、お出かけの時、なんか脚がでかいせいか、歩き方が変に見えた。

タワちゃんのサチコメみたら、潜在消ししながらソロってたみたいなので、潜在消しに便乗させてもらおうとする。
するとマサミンがテリガンのマンティ狩りに行こうと提案するので、3人で行くことにした。
テリガンで合流すると団長もきて、忍モ青白の4人になった。
マンティコアを選んだ理由としては、攻撃間隔が遅く、忍者にとって楽な相手であることや、たてがみで金策も兼ねようとのマサミンの魂胆があったかららしい。
現地まで絡まれながら敵を倒して潜在消しながら進む。
ガルーダBCの手前で狩ることにして、そこで1匹狩る。
(む!経験値が以外とウマイ!)
さっそく戦績指輪を使う。
チェーンを繋いで4、5チェーン目くらいで最強を倒すと、ボーナス込みで230くら経験値が稼げる。

私と団長で湾曲、マサミンとタワちゃんで重力連携で潜在を消していくが、タワちゃんの両手棍の潜在が先に外れる。
私のはおそらくまだまだ先だろう。
NM待ちも兼ねて2時間ほど狩りをしたがNMは結局出ず。武器スキルも結構あがったし、経験値も稼げたし、鞄にたてがみが少し落ちてきたし、なかなか美味しい狩りだった。
[PR]
by Millicent | 2007-01-30 15:03 | FFXI一般
PSP ロストレグナムレビュー
先日買ったPSPのゲームにハマリ中。
ロストレグナムというゲーム。

これは、ジャンル的に「アクションRPG」という部類に入るが、このA・RPGには大雑把に分けて二つのタイプがあると思う。それは、アクションに重視か、キャラ性能重視かという違いである。
アクション重視というのは、ステータス値や命中計算といった内部演算を行わない、剣が敵に当たればダメージになり、その当てる操作や避ける操作を楽しみ、またシステムは、様々なシチュエーション毎の行動パターンを提供するものである。
キャラ性能重視というのは、当てる動作や避ける動作は同じでも、キャラの能力値を優先し、視覚的に当たっている場合でも内部計算によって命中判定を行うといったシステムで、キャラ能力、装備性能によって差を出すことを優先しているといっていいだろう。当然アクション数は少ない。

このゲームはその前者にあたり、アクション性が強く、選べるキャラは一撃必殺型、手数速攻型、遠隔型、特殊戦型と4つの職種がある。
ディアブロのローグを思い出し、遠隔攻撃が得意なアマゾネスでまずスタートしてみた。
攻撃は強と弱の2種類あり、ボタンを押す順番や組合せ、またアナログパットの組合せなどで攻撃にかなりバリエーションがある。
感動したのは、矢を直接敵に指し、その後蹴り飛ばすというコンボ。遠隔職にとって近接戦は圧倒的不利というのがいわばお約束だが、ロードオブザリングのレゴラスの如く戦えるのがすごい。
転倒しても無敵時間などないのでどんどん追い打ちを重ねられる。これは自分がそうなったときも同じで、複数の敵からリンチされることもある。
またジャンプ中に上から射撃をできたり、操作してみるとわかるが、予め出来る行動制限の中で戦うという感じではなく、どんな行動も攻撃や回避に繋げられ、出来ない事が無いと思えるくらい自由に操作、行動できた。
アクションゲームの達人にでもなれば、ドッジという回避行動を任意に行う事が出来、また転倒時にタイミング良くボタンを押すと受け身をとって転倒をさけられたり、アクションゲームの出来ることはほぼカバーしている感じだ。
なんとなく難しそうな感じだが、いわゆるデスペナ、死ぬペナルティが無い分、チャレンジ精神でどんどん敵と戦って体で戦闘を覚える事が可能だ。倒せなかった敵が倒せたよろこびは結構大きい。

まだクリアしているわけではないが、流れはステージ(ダンジョン)をクリアしていくタイプで、そのステージの最後のボスを倒してシナリオが進むが、ステージには難易度があって、任意に選択して攻略していける。ステージの長さはそれほど長くない感じ。死んだら最初からだが、それほど苦にならなかった。
後述の合成でアイテムをたくさん持ち帰ることも一つの目的なので、レベル上げ、操作の練習、アイテム収集で何度も潜ることになる。

RPGという要素では、戦闘で経験値を貯めてレベルアップするのは、普通のゲームと同じ。
レベルアップによってたまるアビリティポイントを、力や耐性、武器スキルなどに割り振る。面白いのは、割り振ったポイントはいつでも戻して別のカテゴリィに再分配できるので、色々試すことが可能。この辺がアクション重視のRPGだからこそ出来るところだろうか?キャラ性能重視のRPGでは、割り振った数値がいわばミソでそこをどう割り振るかが考えどころなわけだが、アクションが決め手のこのゲームの場合はあくまでそれはサブ的な要素になるということである。

このゲームでは、戦利品を売ってゴールドを稼ぐという概念がない。
基本的には、拾ったアイテムを別の物とトレードして、わらしべ長者的に欲しいものを手にする感じだ。しかし、それで最終アイテムのような強い武器が手に入るというのではなく、合成という要素と連動して、戦利品の収集を、ゲームのもう一つの目的とするためのもといっていいだろう。

合成は、一言で説明するにはかなり難しいので簡単に説明するが、武器とアイテムを合成することで、内部的なあくまで合成のときだけ必要なパワー値を上げ(下げ)ていき、祝福という効果を武器に持たせ、それをさらに強化していくという感じである。
祝福には、クリティカル率アップなど戦闘に大きく影響する要素があり、それをさらに育ていくのも合成の面白さである。

アクションに自信があれば、武器強化はそれほど気にしなくてもいいし、逆に、アクションが苦手な人は、武器を強化して腕をカバーするという方向にゲームを遊ぶことも可能だ。
私はクリティカルヒット率と、クリティカルヒット時のダメージアップを上げて、非力なところをカバーする方向で合成をしてみた。
まだまだ研究の余地ありだが、これも必須ではないので、あまり合成に縛られるのも良いとはいえないだろう。

と、まー4つのキャラのうちの一つで遊んでみたわけだが、しばらくこれで遊べそうである。
[PR]
by Millicent | 2007-01-29 19:09 | PSP
青魔72
1月26日

ログインして、青ソロやりにイルルシへいく。
3匹ほど倒したところで、ビシージの知らせ。
LSメンバーもアルザビにあつまっていたので、私も戻る。
タワちゃんが忍者31くらいで参加。物理攻撃はともなく、空蝉やら忍術やらで結構ポイント稼げるらしい。

マムーク戦がおわって、死者も上がってきているので、特に用事もなかったし、そのままアルザビで放置する。どうやらコレさんも同じ考えのようだ。

タワちゃんがレベル上げに行ってぎりぎりセーフで死者に間に合う。
レベルも2つくらい上がってさっきよりも成長していた。

ビシージ2戦で、戦績2000稼げてウマウマである。
日ごろ、レベル上げやメリポをやらないと、ビシージくらいしか戦績の稼ぎ場所がない。
みんなも同じような理由なのかビシージは人気コンテンツとして定着しているかんじだ。


1月27日

会社だったので、夜にログイン。
なんだかんだビシージやらなにやらやっているうちに、レベル72まで残り6000くらいになっていた。

土曜日といえば、ナムルたちが別LSで活動しているので、結構多めにいなくなる。
なので、LS活動はおそらくないだろうから、ゆっくりレベル上げができるだろう。

いつものインプ4の場所で、いつものように狩る。
今までは何も考えず、決まった手順でやっていたが、ブルーチェーンを織り交ぜ少しダメージがどこまで伸びるかためしてみることにした。

BCはTPを消費して、それがちょい上積みされるっぽいので、TP0の時と、終盤TPがたまってきてからと2つのパターンをためしてみる。
TP0で打つと、ほとんどダメージは変わらなかったのに対し、TPが60くらいたまってる段階で、F・リップを打つと、これが100くらい変わることがわかった。
Hバラージはあんましかわった気がしないのだが、Fリップがかなりダメージが変わったのはなかなかいい収穫だ。
Mバイト1回分得した感じだ。

青魔法には、魔法ごとに上げるステータスによってダメージにボーナスがあるようで、まだ判明していないものもあり、まだまだ隠されているなぞがありそうである。

そんなこんなでレベルが72になる。
72といえば、ディセバーメントが使えるレベルである。
ダメージもでかいが、毒のダメージが強烈らしい。
短期権戦を想定してのインプ狩りなので毒はあまり関係ないと思うが、500は安定してダメージがでる魔法が追加されたことで、恐ろしくインプ狩りの効率があがりそうである。
Hバラージ>Fリップ>Mバイトから
ディセバー>H>Fのセットでいけそうである。

タワちゃんが、船のNMねらっているっぽいので、助っ人に。
やっくんもいて、3人でPTを組む。
NMはセルビナ>マウラの便にでるやつを狙っているので、海賊がでなかったら、そのままテレポとちょこぼでセルビナもどって乗りなおす。
3回くらい乗りなおしたが現れず、私は時間なので撤収。
[PR]
by Millicent | 2007-01-28 14:50 | FFXI一般
決戦!プロミヴォン・ヴァズBC
1月25日

今日はエリちゃん、後続組みと、どりゅ、こん、ぼむの先行組み合同のプロミヴォンヴァズのBCの日。
エリちゃんは事前に人を集めていたようだが、揃わず、ベンチで待機していた補欠の私と、タワちゃんがスタメン入りとなった。

忍戦侍青白黒

うーむ、青が赤に変わったらすげーよさ気なPTではあるが、あいにく私の赤はレベル1である。
その代わり、ワイルドカロット、いやしの風、ブラインゲイズなど、補助的魔法をデッキにセットする。追い込みように攻撃系青魔法も入れて、残りは、ステータスアップのための魔法をセットした。

BCまではすぐに到着し、そこからちょっと長い打ち合わせ。
BCまでの時間、打ち合わせ時間、戦闘の時間。
この中で一番長いのが打ち合わせの時間なのは、ヴォンではよくあることである。

手持ちのアニマを集計し、戦闘プランを立てる。
戦う順番はともかくとして、ヴァズのポイントは、戦闘中の敵の残りHPが1~2割になってから次が動き出した時、戦闘中の敵をどれだけ速く倒すことができるかということである。
安定を優先で、忍ばかりの前衛で構成すると、火力不足に陥りやすい。

NMの動き出す順番はメア>デム>ホラ>メアになるのだが、これらの特徴として、
○メア 攻撃力高/耐久力低
○デム 攻撃力中/耐久力中
○ホラ 攻撃力低/耐久力高
だいだいこんな感じ。

やわらかいメアを先に潰す戦法が一番やりやすいと思うが、最後のホラの処理を間違うと危険であるため、先にホラをやるという戦法も一理ある。デムからやったことがないのでそのメリットデメリットは不明。

今回は、メアから先にやることにして、瞬間火力を持つ、戦士と侍がいるため、それぞれの追い込みで2hアビを使う段取りにした。
また、万全を期すために、脅のアニマを動き出した敵に使用し、戦闘後の建て直しの若干の時間稼ぎをする。
他のアニマはおのおの、残さず使うようにした。

ちなみに今回のサポは戦士にした。
ダブルアタックとバーサクに期待して。

メアを釣り、戦闘開始。
忍戦侍青で囲む。メアのコアの色は忘れたが、スタンがほとんどはいらない。でも、ヘッドバッドは、そこそこのダメージにはなるので、非力な青の追加ダメージと考えても、消費MPの少なさから有効だろう。その他いやしの風なども使って支援。
残り2割でデムが動きだし、エリちゃんのマイティストライクが炸裂し、脅しのアニマでデムが迷走する。
作戦通りの完璧な仕事である。GJ!

あっという間に死んだメアと迷走するデム。
立て直すほどの被害はなかったので、すぐにデムにかかる。
デムは防御を上げる業を使ったので、ブラインゲイズで解除した。
後は同じようにアニマを使いながら削り、最後の2割をコンさんの明鏡止水でこれまた瞬殺。
そして同じように脅で動き出したホラを迷走させる。
みんなGJすぎる!

そして最後のホラ。
打ち合わせどおり、プロシェルを切り、タワちゃんがバ系を掛けて吸い取り防御のダミーを展開する。
毒を飲もうとしたら、チャットしてて遅れて寝てしまう。
起こしてもらって毒を飲んで、聖水飲んでのろい解除。
さすがにホラは硬かったが、前の2戦が完璧に進んだので、余力を残してかなり余裕の勝利になった。

なんていうか、プロミヴォン・ヴァズ攻略の教科書があるならそのお手本として乗せてもいいほど、完璧な勝利といえよう。

戦後、私とタワちゃん以外の4人はヴォン・ヴァズから氷河へ旅立っていった。
おめでとう、エリちゃん、コンさん、どりゅさん、ボムさん。
この後、タワちゃんやじっちゃまと合流して進むことになるだろう。

みんな、がんばってね
[PR]
by Millicent | 2007-01-26 23:13 | FFXI一般
逆襲のコントコ!
1月24日

コンさんのアサルトヘルプへ向かう。
コン、ボム、エリ、タワ、私の5人。

どうせいくなら、弱点クエとかもやろうかと、先週と同じトロルも受けておく。
で、そのまままずはイルルシの黄金探索に。

前回時間切れでクリアできなかったもので、今回はそのリベンジというわけである。
いつものように手当たりしだいに、どんどん開けてははずれ、戦闘の繰り返し。
今回も青魔でいったが、今回はサポ白。
殴り予TPを下げることと、毒を消すためである。
そしていつでもスタンを打てる体制で待機。
結果体感だが、8割以上デストラップを防ぐことができ、いくつかの戦闘で完封することもできた。

戦闘開始から最初のWSまで結構時間がかかる。
2はつめからは間隔が極端に短くなる。場合によっては、フラットブレードで代用した。

魚2匹にからまれピンチ&残り10分
今日も失敗かと思ったが、そこでエリちゃんが独走!
しかし、はずれ!

残り5分くらいで私も単独で探しに出る。
そして・・・ゲッツ!
なんかここではよくアタリを引く。
無事コンさん、一等兵になれました。

その後、ハルブーンへ。
前回やってるので説明なし、段取りだけ指示。
匂いチェックで、エリちゃん異変に気づく。
明らかに動きが遅い。これは「動きが遅かった」に間違いない。
そして、匂いは×で、次方向WSで後ろから撃ったらひるむ。
コレは方向か?と思ったが、念のため、正面から同じWSを撃ったらひるんだ。
ということは、特定のWSというわけだな。

今回は完璧に調べることができたみたいだ。
結果が楽しみである。
[PR]
by Millicent | 2007-01-25 23:32 | FFXI一般
プロミヴォン・ヴァズお手伝い
1月23日

今日は、エリちゃん主催のプロミヴォン・ヴァズがあったので、参加することに。
予定枠外の参加なので、おまけであるが。

6人+1<私の系7人。
LSからはエリちゃんとコンさん。

序盤、多数に絡まれどうしようもなくなったので、エスケで退却。私はデジョン。
その後合流してからは、ワープのはずれもなく、誰も死なず、スムーズに進む。

こんなの未だかつてないほど楽なヴァズがあっただろうか?

今回初参加な人はほんとラッキーだねー。

特に見せ場もなく、書くことあまりなくてすみませぬ。



あ、そうそう、チョコボは色が確定しましたが、普通の黄色でした。
[PR]
by Millicent | 2007-01-24 23:14 | FFXI一般
青魔はミミックの天敵?
1月22日

コンさんがアサルトで昇格したいと、残りの一つのアサルトを希望する。
黄金の遺産収集作戦である。

これは、マップ上に点在する宝箱を開けてアタリを探すものだが、はずれはミミック。
ところどころに強い魚がいて、スニークを見破る。
ルート上に邪魔になる魚は倒す必要があったが、たいていは無視。

で、今回、ナムル、ボムさん、コンさん、私で挑戦。
基本的に魚に何度もからまれなければぜんぜん怖くないアサルト。
ただ、ミミックの毒がかなりやばい。
ナムルだけがサポ白で、毒消し持参してきたが、もってきた5個ではぜんぜんたりなかった。

なかなかアタリがみつからず、ミミックとの戦闘で消耗する。
最初リキャ毎にスタンしていたのをやめ、完全に暴れる技を止めるのに使う事に。
これが結構有効。
技はこれ1個だけで、WS連射モードになると追いつかないが、片手剣のフラットブレードとあわせると、1戦でかなりミミックの技を封じることが出来た。
青2とかだと完封は余裕だ。
からまれない前提でいくなら、このアサルトは青2+1で余裕でいけそうである。

結果は、かなり開けたにもかかわらず、全滅で時間切れ。
無念。

ナムル達は裏があったので、今日は終了。
[PR]
by Millicent | 2007-01-23 19:21 | FFXI一般
なぜかNo19
1月21日

昨日ログアウトしたアラパゴのインプ狩場にログイン。
誰もおらず、のんびり狩りはじめる。

戦績ボーナスのない素の経験値で、180台から280台というとこだろうか。
ボーナス&チェーン付で400台になる感じ。
レベル72になれば自給は減るかもしれないが、ただチェーンはつながりやすくなるだろう。
4匹しかいなインプなので、3チェーンが限界だが、基本経験値は減ってもボーナス分お徳かもしれない。
まーそれは72になってから考えよう。
でも73以降はどこ行こうかな?
まーそれは73になってから考えよう。

そんなこんなでのんびりやっていると、外人らしい集団が私の後ろに立って眺めていた。
しばらくそうしていたが、一人意図的に絡んでリンクした。

「なるほど、ラミアNo19か・・・」
時計を見ると午前9時頃。昨日見たのは0時くらいだったかな。

「No19?」
とたずねると複数からYesと返ってきたので、9時間ぐらい前に倒されてると教えてあげた。
そして、彼らは去っていった。
リポップが何分かしらないけど、わざわざ狙って狩りにきてるんだから、その辺は承知してのことだろう。

昨日といい、No19は人気者だな。


この前の蜂BCのサッシュがようやく売れたので、ログインしている人から順番に渡していく。
一人238333円の配当となった。
最近、ワラーラターバンをゲットしようと、こまめに募金していたので、今回の臨時収入で一気に300枚渡して、合計600枚になった。
あと400枚でターバンだ。あんまし装備する気はないので、999枚でとめておこうかな。


夜、ビシージに参加。
LSメンと知り合いなど、アラ組む。
夜早めだが、油断すると満員になる。一時期マンネリ気味になったが、最近の将軍イベントやらテンポラリアイテムの支給、戦績&経験値アップで一気に人気が回復し、以後そのテンションが持続している。
戦績1000といったら経験値1万分に相当するだろうし、経験値も1000もらえたら御の字である。
私のようなPT嫌いにはアルザビ暮らしは最高の場所かもしれない。

今回のマムークは死んで終わったので、経験値はなし。ま、いいか。

その後、死者が来て、今回は生き残った。
戦績は合計2000以上もらた。やったー!
[PR]
by Millicent | 2007-01-22 19:40 | FFXI一般
暇な週末
1月19日

金曜日はいつものように人が少ない。
なので、特になにもなし。

1月20日

71になってから特に経験値を稼いでいるわけでもないのに10000以上たまっていた。
アサルトやラーニングやらビシージをこなしていたからだろう。
あせらずとも、地道にやっていればいずれレベルも上がるだろう。

でも、特にすることもないし、なんとなくソロの感覚が鈍っている予感。
リハビリがてら狩りにいったらイルルシの出口にいるインプに初戦敗退する。
基本的なミスで、強化のかけ忘れだった。

ナムルに呼ばれて、アットワのコース狩り。
やっくん、りゅにゃさんで骨をつれまわし、私とナムルのペットミサイルで倒すという寸法である。
前回、召喚と獣でコースをやったときは、バランスの悪さと削り能力の低さからかなりの時間がかかったので、どうかとおもったが、アントリオンのたくさんいる場所に誘い込んで、常にアントリオンで挟み撃ちにしていたせいか、40分ほどで撃破できた。
でも、〆のタイミングがつかめず、ペット〆でドロップなし。

夜、タニちゃんが青魔でいやしの風をラーニングしていた。
なかなか覚えられず、へこんでいたがようやく覚えることができたようだ。
この感動はやった人じゃないとわからないよね。
その後、オートリジェネをつけるためのシープソングのために、メアからデムにテレポ輸送してあげる。
立派に育つのだ!

いつものソロ場では、外人さんが乱獲していた。
しばし釣りをして待っていると、ラミアNo19をやるともりだったらしい。
一人死んで、NO19がポップした。
忍2で骨をキープし、シーフ2でラミアをたたく。
危なげなく倒していた。
その後いなくなったので時間までソロして、そのまま落ちた。
[PR]
by Millicent | 2007-01-21 17:28 | FFXI一般
傭兵長
1月18日

そろそろ弱点クエでもするかと、タワちゃんを待ちながら傭兵長昇格のクエをこなす。
コンさんがログインし、アサルトやりたそうにしているので、後でみんなでやろうともくろむ。

傭兵長になるためのクエストは、同期なのに未だに昇格できない出来の悪いカッパエルの手伝いをするはめになるが、そうした後輩への配慮が部下の従える傭兵長に必要なものというしめくくりで終わる。
なるほどなるほど、部下の手伝いを積極的に・・・って、いつもやってるな。

私は、階級ごとにある5つのアサルトを全部やって最短で昇格を目指すことにまったく興味がなく、ポイントを稼ぐのであれば結局何度もしないとだめだし、やってりゃ階級は追いついてくるだろうというスタンスだった。
固定が組めればもっと違った結果になっていたかもしれないが・・・。

タワちゃんがログインし、暇そうな連中を片っ端から拉致って6人PTを作る。
忍暗青赤シ白・・・なんか何気にいい構成だな。
最近4人とか少なかったから、今回はなんでもいけそうだな。

まずは、弱点クエで、ラミアばっかりじゃあれなのでトロルへ。
基本3つのほかに種族固有の弱点があるが、「匂い」と「遅い」の調べ方がよくわからない。
おそらく戦闘中に回りになにかでるとおもうのでソレをまずチェックすることに。

戦闘開始で、なんとかSeedを調べると、匂いがついた。
これだな。

次に、WSやら基本3種をやるが、ひるまず・・・。
で、盾のボムさんにSeedを調べてもらうと、「ひるんだ」
動きが遅いは結局わからなかった。

私は前回のことがあったので、とりあえず確定の匂いとWSにしてみた。
他みんな「匂い」と「遅い」に。

その後、コンさんのアサルトお手伝い。
うむ、後進の指導も傭兵長の役目なのだ。

まずは、マムークの捕虜を助けるやつ。
これは敵に扉を壊させるというユニークなアサルト。
一度経験あるが、エリちゃんのアドバイスで二手に分かれることに。
しょっぱなすったもんだあったが、エリちゃんチームが捕虜を救出し成功。

こっちは戦闘中に、魔法タイプのマムが杖頬利投げて、扉にあたって一撃で壊れたのを目撃できた。
ある程度運はあるだろうが、結構面白いとタワちゃんに評判だった。私もだけど。

次、ウミネコをやる。
これも経験しているので、楽勝。
経験値が少しはいるのがいいね。

その後、タニちゃん昇格。
弱点クエ結果報告で、私以外全員正解。
「匂い」「遅い」だった。素直にコレ選んでおけばよかったな。

報酬はトロールブロンズ。
この弱点クエはそれぞれの種族に関係するアイテムが報酬になるっぽいかな?

コンさんあと1箇所なので、また近いうちに。
[PR]
by Millicent | 2007-01-19 21:11 | FFXI一般